スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
嬉し恥ずかしドラマ出演
ドラマ

今でこそ座長公演の演技も板についてきて(?)安心して見ていられる
氷川君ですが、数年前に何度かドラマに出ていました。
人気絶頂ですから、視聴率稼ぎにそんな話も出るのでしょう。
ファンとしても、テレビに出演する機会が増えれば増えるほど嬉しい。
でも、これらのドラマは、ハラハラしっぱなしだった。
滑舌のあまりよろしくない氷川君。警官の役は無理が無いか?
ぎこちなさが気になって、ドラマのストーリーなんか全く頭に入らず。
しかもかわいそうな事に、いつもお相手はいわゆる「おばさま(かなりの年上)」。
若い娘相手はタブーなんでしょうか?
いまどき、ジャニーズのアイドルたちでもラブシーンオッケーなのに。
確かに、氷川君のラブシーンは永遠に見たくない、という気持ちは
ファンなら誰でもあるのかも。(そういう私も)
| イモクリコ | テレビ出演編 | 11:57 | comments(0) | - | -
出会い
出会い

「氷川きよし」との出会いはかれこれ5年ほど前だったでしょうか。
とある温泉宿に旅行に行ったときの話。
早く着きすぎてすることも無く、旅館の談話室みたいなところでぐだぐだしていました。
テレビには、「ミュージックフェアー」。
そこに居たのは初々しい、でもド派手なスーツに身を包んだ演歌歌手でした。
名前だけは知っていて、どちらかというと食わず嫌いしていた方でした。
勝手に「企画もの」のレッテルを貼っていたから。
なのに・・・、なのに今回はどおおおんと胸とお腹に響いて来たのです。
迫力の声量、ハニカム笑顔、異常にテンションの高い曲「きよしのズンドコ節」ってーー!
私の脳裏にびたーーーと刻まれたのです。
でも、この時はここまで。また、暫く再会まで時間が流れるのです。
| イモクリコ | テレビ出演編 | 00:02 | comments(0) | - | -