イモクリコ
きよしがなければ生きていけない!
ファンの中では若輩者(本人だけがそう思っている)ですが、自分の得意技を活かした「愛」の表現をしていきたいと思っています。